所属館 (会津地方) KEN-PAKU-KYOU
▲もどる
福島県立博物館
〒965-0807 会津若松市城東町1-25
TEL:0242-28-6000 FAX:0242-28-5986
各時代における福島県の役割、特色を明らかにする総合展示と考古、民俗、歴史美術、自然の部門展示からなり、多数の実物資料を展示している。また、福島県に関連するテーマの企画展を年数回行い、随時公演、実演などの催しも行っている。
 
若松城天守閣郷土博物館 
〒965-0873 会津若松市追手町1-1
TEL:0242-27-4005 FAX:0242-27-4012
鶴ケ城は至徳元年(1384)葦名直盛が造った東黒川館が始まりといわれ、その後蒲生氏郷により本格的な天守閣が築城。現在の天守閣は昭和40年再建されたもので、内部は郷土博物館になっている。
 
博物館 会津武家屋敷
〒965-0813 会津若松市東山町大字石山字院内1
TEL:0242-28-2525 FAX:0242-28-2515
会津藩家老西郷頼母邸を中心に、藩米精米所・代官陣屋・茶室嶺南庵・資料館などから構成される野外博物館です。資料館内では平成19年度特別展「白虎隊と会津藩の教育展」を11月末日まで開催しております。
 
会津酒造博物館
〒965-0853 会津若松市材木町1-8-1
TEL:0242-28-0150 FAX:0242-29-9252
蒲生氏郷公以来の旧家で此花酒造の河野家が、唯一残った旧会津藩清美川酒蔵を復元、市文化財指定の酒造用具一式や古文書、生活用品、作品を展示し、会津文化の紹介をしています。
 
白虎隊記念館
〒965-0003 会津若松市一箕町大字八幡字弁天下33
TEL:0242-24-9170 FAX:0242-24-9090
飯盛山下にある当館は、戊辰戦争の悲劇、武士の時代の終焉、会津藩士の最後を様々な資料を通して目で見、心で感じ後世に伝えていく資料館です。
 
喜多方市美術館
〒966-0094 喜多方市字押切二丁目2番地
TEL:0241-23-0404 FAX:0241-23-0406
福島県にゆかりのある作家を中心に、若手作家の活動を支援する企画展を開催しながら、「小さくてもキラリと光る美術館」を目指しています。企画展は、年10本程度、出前美術館など普及活動にも力を入れています。
 
野口英世記念館
〒969-3284 耶麻郡猪苗代町大字三ツ和字前田81
TEL:0242-65-2319 FAX:0242-65-2500
細菌学者・野口英世博士の偉業を記念する博物館です。生家をはじめ、手紙や写真などの遺品、博士に関わる参考資料などを見ることができます。特に母シカより博士にあてた、たどたどしい手紙には心打たれます。
 
会津民俗館
〒969-3284 耶麻郡猪苗代町大字三ツ和字前田33-1
TEL:0242-65-2600 FAX:0242-65-2601
会津の代表的な曲り家の民家、旧馬場家(国指定重文)、旧佐々木家(県指定重文)の二棟を移築し、一般公開している。また、ろうそく作り用具(国重文)や会津のサシコ(県重文)などの貴重な資料も見学できる。
 
磐梯山噴火記念館
〒969-2701 耶麻郡北塩原村桧原字剣ヶ峯1093-36
TEL:0241-32-2888 FAX:0241-32-3281
磐梯山の噴火を紹介する火山の博物館。模型と映像とボディソニックで臨場感ある噴火の様子を再現。磐梯山周辺の動・植物の生態を紹介。火山の分布や気象の展示。360度の立体映像館「磐梯山3Dワールド」
 
諸橋近代美術館
〒969-2701 耶麻郡北塩原村桧原字剣ヶ峯1093-23
TEL:0241-37-1088 FAX:0241-32-3332
”柔らかい時計”などの幻想的な絵画で知られるスペインの作家サルバドール・ダリの常設美術展です。セザンヌ、ピカソ、ゴッホなど20世紀巨匠の絵画約30点を所蔵・展示しております。 
 
磐梯山慧日寺資料館
〒969-3301 耶麻郡磐梯町大字磐梯字寺西38番地
TEL:0242-73-3000 FAX:0242-73-3480
平安初期、南都出身の徳一によって創建された慧日寺の一千年の歴史を振り返ります。会津仏教文化発展の中心寺院であった慧日寺にまつわる仏画・仏具類のほか山岳信仰資料、史跡の発掘・整備資料等を展示しています。
 
會津藩校日新館
〒969-3441 会津若松市河東町南高野高塚山10
TEL:0242-75-2525 FAX:0242-75-3215
江戸時代、全国随一と謳われた会津藩の藩校「日新館」は戊辰戦争の戦火によって焼失した。その日新館を120年ぶりに忠実に復元し、当時の学習風景を再現する。また、館内では弓道体験(5本で200円)、起上り小法師の絵付け体験(700円)、引き馬体験(500円)などが楽しめる。
 
会津坂下町五浪美術記念館
〒969-6533 河沼郡会津坂下町字台ノ下842番地
TEL:0242-84-1233 FAX:0242-84-1233
会津坂下町を代表する日本画家小林五浪氏の作品200点余りを中心に展示収蔵している美術館。五浪画伯の作品は水墨画・アイヌシリーズ・シルクロードシリーズ等多岐にわたり、年4回の展示替えを行っている。
 
やないづ町立斎藤清美術館
〒969-7201 河沼郡柳津町大字柳津字下平乙187
TEL:0241-42-3630 FAX:0241-42-3631
日本を代表する世界的版画家・斎藤清画伯の作品を紹介する美術館。氏の代表作である会津の雪景色を白と黒の色調で木版がで表現した「会津の冬」は厳しさよりもむしろ温かさが伝わってくる作品です。
 
清郷美術館
〒969-6116 大沼郡会津美里町字瀬戸町3131-2
TEL:0242-57-1678 FAX:0242-57-1678
当美術館は明治中期の蔵座敷を改修保存し、会津藩御用達窯の古本郷焼巴茶碗など、今を去る三百五十余年前、正保年間(1645〜)松平藩主保科正之公が招いた陶工による将軍家へ献上された貴重な作品と書、絵画、屏風を展示しております。
 
奥会津博物館
〒967-0014 南会津郡南会津町糸沢字西沢山3692-20
TEL:0241-66-3077 FAX:0241-66-3088
国の重要有形民俗文化財に指定された「奥会津の山村生産用具」をはじめとして、奥会津地方で使用されてきた約3,000点の民具を、「山・川・道」の三つのテーマに区分し、系統だてて展示しています。藍染・わら細工の体験ができます。
 

↑ページトップへ